貨幣からバッテリーまで使われる機会が非常に多い金属材料

サイトマップ

貨幣からバッテリーまで使われる機会が非常に多い金属材料

身の回りで見かけやすい金属材料の特徴と代表例

手の中に沢山のコイン

身の回りには多くの金属製品が存在します。しかし、その製品に使用される金属材料の種類は製品ほど多いわけではありません。何故なら使用されやすい金属材料には多くの共通した特徴があるからです。
その特徴とは「コスト」や「強度」「調達のしやすさ」等、製品により様々ですが、その中の一つに「軽さ」があります。
金属という物質は傾向として体積当たりの重量である比重が大きいものが多いですが、中には比重が小さいといった特徴を持つモノもあります。代表的な金属材料としてアルミニウムが挙げられます。
一円玉の材料として知られ一般にも身近な金属材料の一つで、鉄と比較すれば3分の1程度の比重となる軽い金属です。
アルミニウムはあまり強度が高くなく加工がしやすいため、単体で使用されることもあります。しかし他の金属材料と合金化して強度を高めたり、表面処理を施すことで耐腐性を高めた上で使用されることも多いです。
例えば製品の重さが燃費に直結する車ではアルミニウム合金は欠かすことのできない材料です。
少しでも車体の重量を軽くしたい、しかし安全性を確保するために強度を保たなくてはならないため合金化したアルミニウムを使用しています。また、アルミ缶も内容物による腐食を防ぐため表面処理を施した上で使用されています。

金属材料としてのレアメタルについて

金属材料は大きく分けて鉄鋼と非鉄金属に分けられます。鉄鋼金属とは、熱処理によって性質が変化することが特徴で、安価で加工しやすいことから身近なものに利用されています。欠点としては錆が生じやすいことが挙げられます。非鉄金属とは、鉄を含まないその他の金属のことを差し、種類が多いので細かく分類されます。
この中にはアルミニウムなどポピュラーなものから、レアメタルや貴金属など高価なものも含まれます。特にレアメタルは、産出量が少なかったり、精製が難しかったりする一方で、現代の産業にとっては必要不可欠な金属材料となっています。金属材料としてのレアメタルは、鉄やアルミなどに添加して合金を作ることに使われます。これにより強度がアップし、より高品質な製品を生み出すことができます。
特に身近なレアメタルの例としては、パソコンやスマホのバッテリーに使用されるリチウムが挙げられるでしょう。不要になったバッテリーやパソコン自体が下取りとして回収されたり、リサイクルが勧められるのは、このリチウムを再利用するためなのです。これは、限りある地球の資源を守ることにもつながります。ひいては日本の産業を守ることにもつながるでしょう。

金属材料を取り扱う企業への就職を考える場合の基礎知識

日常生活や産業の分野では様々な金属材料が使われており、関連する製品や材料を製造する領域では様々な企業がビジネスを展開しています。そのために就職を考えている高校生や大学生も、金属などの素材系を扱う企業に強い興味を示しています。また就職先を選ぶときには、各企業の金属材料との関わりについてもリサーチするのがポイントです。特に工業系の高校で学んできた人たちは、金型や特注部品の製造で金属材料を使っている企業に興味を持っています。そのような企業の多くが自動車産業と深いかかわりを持っており、旋盤などの高度な技術を使って真鍮などの金属材料を加工する点に特徴があります。
また自動車のエンジンなどを製造している企業では、仕事を通じて鉄などの鋳造技術についても学べます。経験豊富な社員が金属材料を活用しており、入社後は仕事を通じてスキルを高められるのが魅力です。一方で大学を卒業する予定の人たちは、地球環境に優しい企業への求人に応募しています。特に人気があるのは、資源のリサイクルを通じて金属材料を上手に活用している企業です。アルミが使われている空き缶が代表的なリサイクルの対象ですが、使わなくなった電子部分に含まれている貴金属の回収も有望な分野です。

Choice Posts

アルミホイルを広げる

金属材料を使うときは温度変化を考慮する必要がある

金属材料選びでは使用する環境を考慮することが求められます。環境要因の中でも特に重要なのが「温度…

more
並べられた工具

アレルギーを起こしやすい金属材料

最近では、金属アレルギーに対応したアクセサリーがたくさん販売されるようになりました。皆さんの周…

more
調理器具を持つ

鉄鋼は最もスタンダードな金属材料

金属材料の中でも鉄を主成分としたものを総称して鉄鋼と呼びます。鉄鋼は全ての金属材料の基本と言っ…

more
白いモバイルバッテリー

金属材料の中でも代表的な鉄は意外と単体で使われない

日本でも多くの金属系の素材というのが存在しているわけですが、やはりイメージされることが多いのが…

more