貨幣からバッテリーまで使われる機会が非常に多い金属材料

サイトマップ

貨幣からバッテリーまで使われる機会が非常に多い金属材料

アレルギーを起こしやすい金属材料

並べられた工具

最近では、金属アレルギーに対応したアクセサリーがたくさん販売されるようになりました。皆さんの周りでも、金属材料により肌の痒みや発疹などの炎症が起きる人がいるかもしれません。金属アレルギーは、一度症状が発症すると完全に治ることはないと言われています。今まで症状がなかった人でも、同じ金属を身につけ続けることで急に発症することもあります。
では、どのような金属材料が症状を起こしてしまうのでしょうか。ここでは、アレルギー症状を起こしやすい金属材料とその対処法についてお話ししたいと思います。アレルギーを起こしやすい金属には、比較的安価な金属が多いと言われています。手ごろな価格で手に入るアクセサリーなどに使用されているニッケル・コバルト・錫・亜鉛・鉄・銅などです。特に、「ニッケル」は安価なピアスやネックレスなど、女性が手にする機会の多い商品に含まれています。
金属に触れた部分が赤くなったり、痒くなったりするようになれば金属アレルギーの可能性が高いでしょう。その対処法として、まずは、その金属をすぐに外しましょう。そして、今後は同じ金属材料で作られているものを避ける必要があります。アレルギーを起こしにくい金属であるチタン製の商品に切り替えることをお勧めします。

Choice Posts

アルミホイルを広げる

金属材料を使うときは温度変化を考慮する必要がある

金属材料選びでは使用する環境を考慮することが求められます。環境要因の中でも特に重要なのが「温度…

more
並べられた工具

アレルギーを起こしやすい金属材料

最近では、金属アレルギーに対応したアクセサリーがたくさん販売されるようになりました。皆さんの周…

more
調理器具を持つ

鉄鋼は最もスタンダードな金属材料

金属材料の中でも鉄を主成分としたものを総称して鉄鋼と呼びます。鉄鋼は全ての金属材料の基本と言っ…

more
白いモバイルバッテリー

金属材料の中でも代表的な鉄は意外と単体で使われない

日本でも多くの金属系の素材というのが存在しているわけですが、やはりイメージされることが多いのが…

more