貨幣からバッテリーまで使われる機会が非常に多い金属材料

サイトマップ

貨幣からバッテリーまで使われる機会が非常に多い金属材料

金属材料を使うときは温度変化を考慮する必要がある

アルミホイルを広げる

金属材料選びでは使用する環境を考慮することが求められます。環境要因の中でも特に重要なのが「温度」です。
金属材料の特性のひとつに温度によって性質や形状が変化する、というものがあります。金属材料は上部で安定しているというイメージが持たれがちですが温度についてはかなり強い影響を受けてしまいます。低温と高温で体積が変化するという金属は多く、中には数パーセントも体積が膨張する金属もあります。金属材料選びで温度変化による傍聴の可能性を考慮していないと破断や破損による深刻な被害につながりかねません。
我々の身近で見られる例として鉄道の線路が挙げられます。鉄道の線路は車両の大きな重量を支えられるよう上部で耐久性に優れた鉄鋼が使用されています。さらに乗車時のガタゴトという揺れを抑えるためには継ぎ目ができないようぴったりつなぐのが理想とされていますが、現実の線路をみるとレールとレールの間にはわずかなすき間があることがわかります。
直射日光にさらされるレールは真夏になると非常に高温になります。温度が上がると鉄骨は膨張するためレールが歪んでせり上がる可能性があります。そのためあえて隙間を設けておくことで高温時の変化でも安全になるよう工夫されています。

Choice Posts

アルミホイルを広げる

金属材料を使うときは温度変化を考慮する必要がある

金属材料選びでは使用する環境を考慮することが求められます。環境要因の中でも特に重要なのが「温度…

more
並べられた工具

アレルギーを起こしやすい金属材料

最近では、金属アレルギーに対応したアクセサリーがたくさん販売されるようになりました。皆さんの周…

more
調理器具を持つ

鉄鋼は最もスタンダードな金属材料

金属材料の中でも鉄を主成分としたものを総称して鉄鋼と呼びます。鉄鋼は全ての金属材料の基本と言っ…

more
白いモバイルバッテリー

金属材料の中でも代表的な鉄は意外と単体で使われない

日本でも多くの金属系の素材というのが存在しているわけですが、やはりイメージされることが多いのが…

more